HOME > 院長紹介

院長経歴

院長 檜山 礼秀(ひのきやま のりひで)
歯科医師・歯学博士・日本大学歯学部兼任講師

経歴
1972年 岐阜県生まれ
1997年 日本大学歯学部 卒業(学部長賞受賞)

1997年  日本大学歯学部補綴学教室
   クラウン・ブリッジ学講座入局
1998年 日本大学大学院歯学研究科 入学
2002年 日本大学大学院歯学研究科 修了
2002年 かわつる歯科医院(埼玉県川越市) 勤務
2006年  日本大学歯学部歯科補綴学教室第3講座
   兼任講師 就任
2008年 ひのきやまデンタルクリニック 開院

所属団体
日本補綴歯科学会会員
日本口腔インプラント学会会員

博士論文
インプラント用セラミックアバットメントに関する研究
ー破壊強度および破壊様式についてー

主要論文
セラミックアバットメントに関する研究
ー表面処理の相違が接着強度に及ぼす影響ー

セラミックアバットメントに関する研究
ーTribochemical coatingが接着強度に及ぼす影響ー

檜山 礼秀
あなたにあった最適な治療を提案します

歯学部生の頃、実習の先生に「もし君が虫歯になって治療を受けなければならなくなったら、同級生の中で誰に診てもらいたい?」と聞かれたことがあります。
考えてみたけれど、みんながどんな先生になるかまだわからないし選ぶことができませんでした。
先生は「不可能だけれども自分に診てもらいたいと言えなければ良い歯医者にはなれない」と言われました。
そこから学んだことは、
「自分にされて嫌なことはしない」
「今できる最高の技術で立ち向かう」
「常に精進する」
この考えは今でも常に自分の中にしっかりと持ち続けて治療を行えるよう努力しています。
技術だけではなく、人として患者一人一人と親身になって接し、心の中に残る治療を心がけていきたいと考えています。
皆様の健康の手助けができるよう努力していきますので、お口の悩みは何でも相談下さい。
ちなみに今は、兼任講師として大学の学生に同じ質問を投げかけています。